Tel. 075-464-7244

ブログ

お知らせ 記事一覧

1~5件目 (25件中)

  • 台風被害にあった古い玄昌石の屋根を綺麗に復元!

    投稿日 :
    2020-07-09 12:00:00
    カテゴリ :
    お知らせ
    WRITER :
    スタッフ
    この記事のURL

        台風被害にあった古い玄昌石の屋根を元通りに綺麗に復元!   台風被害で屋根に使われている玄昌石が部分的に割れており、 屋根から落ちると危険なため傷んでいるものを新しいものと差し替え。   高所でとても危険なため足場を組みハーネスを装着、 屋根から物が落ちないよう細心の注意を払って作業。     傷んでいる

    記事を開く

     

     

    台風被害にあった古い玄昌石の屋根を元通りに綺麗に復元!

     

    台風被害で屋根に使われている玄昌石が部分的に割れており、

    屋根から落ちると危険なため傷んでいるものを新しいものと差し替え。

     

    高所でとても危険なため足場を組みハーネスを装着、

    屋根から物が落ちないよう細心の注意を払って作業。

     

     

    傷んでいる玄昌石を他の石を割らないように気を付けながら外していきます。

    石の大きさを揃えるために加工が必要なため1枚1枚手作業で加工。

     

    加工した玄昌石を綺麗に元の場所に取付。

    落下物の危険を事前に防止。

     

    屋根は傷んでいてもなかなか個人で確認できず気づかれていない方も多いです。

    安全のために一度メンテナンスをおすすめします。

     

     

     

    デザイン&ケア リズムのTwitter

    Design&Care Rhythm

     

     

     

     

    記事を閉じる

  • 廃番になった昔のタイルに限りなく近いものを!

    投稿日 :
    2020-06-06 12:00:00
    カテゴリ :
    お知らせ
    WRITER :
    スタッフ
    この記事のURL

        昭和40年頃の建物のタイルに限りなく近いものを探しタイル貼り施工。     昭和40年頃のタイルと同じような色艶のものが現在ではほとんど造られておらず 別注で対応出来ますがそれでも色目を合わすのは大変。   様々なサンプルをとり何度も現場と比較しながら検討。 昔のタイル独特のツヤ感・色味にかなり近いものを発見。 &nbs

    記事を開く

     

     

    昭和40年頃の建物のタイルに限りなく近いものを探しタイル貼り施工。

     

     

    昭和40年頃のタイルと同じような色艶のものが現在ではほとんど造られておらず

    別注で対応出来ますがそれでも色目を合わすのは大変。

     

    様々なサンプルをとり何度も現場と比較しながら検討。

    昔のタイル独特のツヤ感・色味にかなり近いものを発見。

     

    建物のコーナー部分は石材を既存部と同じように加工し取付。

     

    施工を終えてみると違和感がないほどの見た目に。

     

     

    お客様には大変満足していただけました。

     

     

     

    デザイン&ケア リズムのTwitter

    Design&Care Rhythm

     

     

     

    記事を閉じる

  • 被害が出る前にシロアリ駆除をお考え下さい!

    投稿日 :
    2020-05-12 12:00:00
    カテゴリ :
    お知らせ
    WRITER :
    スタッフ
    この記事のURL

        お客様から浴室に大量の羽蟻が出てきたと連絡がありました。 確認してみるとシロアリの羽蟻だと判明。     浴室の入り口戸枠を見てみると下側が傷んでいたため、確認のため一部壁をめくり中を確認。 部分的に被害がみられましたが構造にかかわる木材にはまだ被害が出てませんでした。   関西に多く生息しているシロアリは土の中や湿度

    記事を開く

     

     

    お客様から浴室に大量の羽蟻が出てきたと連絡がありました。

    確認してみるとシロアリの羽蟻だと判明。

     

     

    浴室の入り口戸枠を見てみると下側が傷んでいたため、確認のため一部壁をめくり中を確認。

    部分的に被害がみられましたが構造にかかわる木材にはまだ被害が出てませんでした。

     

    関西に多く生息しているシロアリは土の中や湿度の高い場所を好み、

    建物では主に床下で活動します。

    湿っている木材を好んで食べるため特に浴室の床下などに多く見られます。

     

    シロアリは日光や明るい場所・乾燥している場所を嫌い人が見える場所には出てきません。

    そのため中々気付くことが出来ず、建物の被害が進行している場合があります。

     

     

    今回、お客様にも確認いただきシロアリ駆除が決定しております。

     

    被害が進行していると建物の修復にも時間がかかってしまいます。

    そうなる前にシロアリ駆除をお考え下さい。

     

     

    デザイン&ケア リズムのTwitter

    Design&Care Rhythm

     

     

     

    記事を閉じる

  • 古民家を災害に備えて耐震改修!

    投稿日 :
    2020-04-02 12:00:00
    カテゴリ :
    お知らせ
    WRITER :
    スタッフ
    この記事のURL

        古民家を災害に備えて土葺き瓦屋根から金属屋根に耐震改修!   近年災害も多くなっているため古民家の耐震改修を行いました。 昭和46年の建物で屋根は土葺でとても重いため、金属屋根に葺き替え。 軽量化をすることで建物の負担を減らし耐震改修。     初めに瓦と土を降ろし綺麗に。下地の状態も確認。 土と瓦だけで重さは5トンもあ

    記事を開く

     

     

    古民家を災害に備えて土葺き瓦屋根から金属屋根に耐震改修!

     

    近年災害も多くなっているため古民家の耐震改修を行いました。

    昭和46年の建物で屋根は土葺でとても重いため、金属屋根に葺き替え。

    軽量化をすることで建物の負担を減らし耐震改修。

     

     

    初めに瓦と土を降ろし綺麗に。下地の状態も確認。

    土と瓦だけで重さは5トンもありました。

     

    断熱材を屋根裏に敷き詰め、屋根には構造用合板を取り付けて耐震補強。

     

    ルーフィングを張り、その上に遮熱シートを取付。

    防水と断熱をしっかりとすることで光熱費も抑えて快適に建物をより長持ちさせます。

     

     

    水が入らないよう隙間なく金属屋根を施工。雪止め金具も取付。

    金属屋根は土葺屋根の約1/10程度の重さで建物への負担を軽減してくれます。

     

    建物にかかる負担を少なくすることができ、耐震性能・断熱性能もアップ。

    負担が減ったことで、建物内の重たかった引き戸がスーッと簡単に開くようになりお客様も驚かれていました。

     

    現在耐震工事に関して京都市では補助金制度も有ります。

    各地で不穏な地震が多発しております。

    大切な家族を守るために大地震が来る前に耐震についても一度お考え下さい。

     

     

    デザイン&ケア リズムのTwitter

    Design&Care Rhythm

     

     

    記事を閉じる

  • メンテナンスでより長く住める建物に!

    投稿日 :
    2020-02-01 12:00:00
    カテゴリ :
    お知らせ
    WRITER :
    スタッフ
    この記事のURL

      まず、はじめに。 ブログの更新が進まず申し訳ございませんでした。 近年、災害が多く耐震など建物への意識を向けられる方が増えてきており、忙しくさせて頂いております。 これからも随時更新できるように努力しますので、よろしくお願いします。     古くなった屋根をカバー工法で綺麗な金属屋根に。   お客様からスレート屋根のメンテナンスの御依頼

    記事を開く

     

    まず、はじめに。

    ブログの更新が進まず申し訳ございませんでした。

    近年、災害が多く耐震など建物への意識を向けられる方が増えてきており、忙しくさせて頂いております。

    これからも随時更新できるように努力しますので、よろしくお願いします。

     

     

    古くなった屋根をカバー工法で綺麗な金属屋根に。

     

    お客様からスレート屋根のメンテナンスの御依頼をいただきました。

    苔が生え劣化して割れが起こり始めているスレート屋根。

    本来スレート屋根は塗装でのメンテナンスでより長く使えるようにするものですが

    劣化し割れ始めている屋根材に費用をかけ塗り替えるより、カバー工法を使い金属屋根への変更を御提案。

     

    スレート屋根の上からルーフィングを覆うように張り、雨漏り対策。

    雪止め金具を取り付け、煙突廻りは板金処理。

    雨水が入らないように金属屋根材は下から上に隙間なく平行に。

     

    外壁の塗装も足場のある内に施工。

    足場がないとできない作業も一緒にすることで足場代の節約に。

     

    スレート屋根はメンテナンスをしないと塗膜が劣化し屋根材が傷み雨漏りの原因にも。

    塗装メンテナンスの目安時期は場所により前後しますが、およそ10年と言われています。

    早めのメンテナンスをお考え下さい。

     

     

     

    デザイン&ケア リズムのTwitter

    Design&Care Rhythm

     

     

     

     

    記事を閉じる

1~5件目 (25件中)

検索

カレンダー

<
>

カテゴリ

    WRITER

      過去ログ

        PAGE TOP