Tel. 075-464-7244

ブログ

スタッフ 記事一覧

1~5件目 (19件中)

  • メンテナンスでより長く住める建物に!

    投稿日 :
    2020-02-01 12:00:00
    カテゴリ :
    お知らせ
    WRITER :
    スタッフ
    この記事のURL

      まず、はじめに。 ブログの更新が進まず申し訳ございませんでした。 近年、災害が多く耐震など建物への意識を向けられる方が増えてきており、忙しくさせて頂いております。 これからも随時更新できるように努力しますので、よろしくお願いします。     古くなった屋根をカバー工法で綺麗な金属屋根に。   お客様からスレート屋根のメンテナンスの御依頼

    記事を開く

     

    まず、はじめに。

    ブログの更新が進まず申し訳ございませんでした。

    近年、災害が多く耐震など建物への意識を向けられる方が増えてきており、忙しくさせて頂いております。

    これからも随時更新できるように努力しますので、よろしくお願いします。

     

     

    古くなった屋根をカバー工法で綺麗な金属屋根に。

     

    お客様からスレート屋根のメンテナンスの御依頼をいただきました。

    苔が生え劣化して割れが起こり始めているスレート屋根。

    本来スレート屋根は塗装でのメンテナンスでより長く使えるようにするものですが

    劣化し割れ始めている屋根材に費用をかけ塗り替えるより、カバー工法を使い金属屋根への変更を御提案。

     

    スレート屋根の上からルーフィングを覆うように張り、雨漏り対策。

    雪止め金具を取り付け、煙突廻りは板金処理。

    雨水が入らないように金属屋根材は下から上に隙間なく平行に。

     

    外壁の塗装も足場のある内に施工。

    足場がないとできない作業も一緒にすることで足場代の節約に。

     

    スレート屋根はメンテナンスをしないと塗膜が劣化し屋根材が傷み雨漏りの原因にも。

    塗装メンテナンスの目安時期は場所により前後しますが、およそ10年と言われています。

    早めのメンテナンスをお考え下さい。

     

     

     

    デザイン&ケア リズムのTwitter

    Design&Care Rhythm

     

     

     

     

    記事を閉じる

  • 古いブロック塀を安全性を考え撤去!

    投稿日 :
    2019-05-20 12:00:00
    カテゴリ :
    お知らせ
    WRITER :
    スタッフ
    この記事のURL

        高さ3m程度も有る古いブロック塀を解体出来ないかとのご依頼をいただきました。       ブロック塀は隣家や土留め等の関連で2列で作られておりました。 手作業では限界があったため重機での解体に。       安全な高さになった塀は形を整え天端には御影石を取付け壁面は塗り壁風に。

    記事を開く

     

     

    高さ3m程度も有る古いブロック塀を解体出来ないかとのご依頼をいただきました。

     

     

     

    ブロック塀は隣家や土留め等の関連で2列で作られておりました。

    手作業では限界があったため重機での解体に。

     

     

     

    安全な高さになった塀は形を整え天端には御影石を取付け壁面は塗り壁風に。

    低くなった塀を乗り越え転落することがないように手摺を取り付けました。

     

     

    ブロック塀は元々施工がしやすく安価なものだったため多く使われていました。

    中には規定通りの鉄筋が入っていない等、基準を満たしていないものも多くあります。

    鉄筋が入っているものでもブロック自体が水を通しやすいため、浸透した湿気で鉄筋が錆びてしまい既定の太さのものが針金程度の細さにまでなってしまうことも。

     

     

    問題がないように見えても内部はどうなっているか分かりません。

    ブロック塀にもメンテナンスは必要です。

     

     

     

    デザイン&ケア リズムのTwitter

    Design&Care Rhythm

     

     

     

    記事を閉じる

  • 2つの個室を1つの空間にリフォーム

    投稿日 :
    2019-04-30 12:00:00
    カテゴリ :
    お知らせ
    WRITER :
    スタッフ
    この記事のURL

      ライフスタイルの変化で以前子供部屋として使われていた二つの個室を一つの広い空間にリフォームさせて頂きました。   二つの部屋は一部構造壁を含んだ造付けのクローゼットで仕切られていた為、解体することで一つの部屋に。 構造壁を含んだ造付けのクローゼットを全て取除いてしまうことで耐震強度が落ちないように既存の柱位置を考慮し、筋交いを入れた耐力壁を新設。 クローゼットがあ

    記事を開く

     

    ライフスタイルの変化で以前子供部屋として使われていた二つの個室を一つの広い空間にリフォームさせて頂きました。

     

    二つの部屋は一部構造壁を含んだ造付けのクローゼットで仕切られていた為、解体することで一つの部屋に。

    構造壁を含んだ造付けのクローゼットを全て取除いてしまうことで耐震強度が落ちないように既存の柱位置を考慮し、筋交いを入れた耐力壁を新設。

    クローゼットがあった天井裏の梁はより強度が出るように独自の補強。

     

    天井は掘込み天井に間接照明を入れ部屋がより広く感じられるよう工夫。

    無垢材を天井材に使い木材ならではの温かみのある空間に。

     

     

    新設のクローゼットは様々な服に合わせ高さの違うハンガーパイプ。

    クローゼットの中は扉を開けるとLEDランプが点くようにプラン。

     

    ベッドは読書などがしやすいように背もたれをつけ、上には間接照明を。

    部屋の照明はベッドにいながら調整出来るように間接照明下にも部屋のすべての照明スイッチを。

     

    ホテルのような一室にお客様からお喜びの声を頂けました。

     

     

     デザイン&ケア リズムのTwitter

    Design&Care Rhythm

     

     

     

    記事を閉じる

  • 信頼できる業者にご依頼を!

    投稿日 :
    2019-01-09 12:00:00
    カテゴリ :
    お知らせ
    WRITER :
    スタッフ
    この記事のURL

        台風や大雨等の自然災害で被害の出た建物の修理や耐震工事などの工事をしませんか?と訪問で回っている業者が多々あり 頼まれている方も中にはおられるかと思います。   ブログで先にご紹介させて頂いた台風で屋根瓦がめくれ板金屋根で吹き替え工事をさせて頂いた方も以前訪問業者に屋根の修理を依頼したことがあるとお聞きしました。 画像をよく見て頂くと瓦が一枚おきに

    記事を開く

     

     

    台風や大雨等の自然災害で被害の出た建物の修理や耐震工事などの工事をしませんか?と訪問で回っている業者が多々あり

    頼まれている方も中にはおられるかと思います。

     

    ブログで先にご紹介させて頂いた台風で屋根瓦がめくれ板金屋根で吹き替え工事をさせて頂いた方も以前訪問業者に屋根の修理を依頼したことがあるとお聞きしました。

    画像をよく見て頂くと瓦が一枚おきにずらしてシーリング固定されているのが確認できます。

    ラバーロック工法として瓦のずれを防ぐための工事ですが瓦がずれていた場合ずれを直して施工するのが本来の施工です。

    このような事は自然には起こりえません。

    以前から雨漏りがしていた様ですが密集地にお住いの方で見えにくく写真をご覧頂いて初めて気づかれました。

    あえて瓦をずらし雨漏りを誘発させて建物にダメージを加え不必要な工事を誘導すると思われます。

    今回のご紹介は屋根ですが耐震補強金物の取付や床下換気扇の取付工事でも異常に多く取付けたり意味のない箇所に取付たりと同様なことを見てきています。

     

    訪問業者でもきちんとした施工をする方が殆どだと思いますが充分お気を付けください。

     

     

     

    デザイン&ケア リズムのTwitter

    Design&Care Rhythm

     

     

    記事を閉じる

  • 台風でめくれた瓦屋根を耐震性も考慮し金属屋根に!

    投稿日 :
    2019-01-08 12:00:00
    カテゴリ :
    お知らせ
    WRITER :
    スタッフ
    この記事のURL

        京都市内の旧家に住むお客様から台風により瓦が傷んだため対処の御依頼がありました。 重い土を使った瓦屋根で、この機会に軽い金属屋根に葺き替えをご提案。       瓦と土を全て降ろして構造用合板をビス留めし耐震性をあげ、ルーフィングを敷き防水。       ルーフィングの上に金属

    記事を開く

     

     

    京都市内の旧家に住むお客様から台風により瓦が傷んだため対処の御依頼がありました。

    重い土を使った瓦屋根で、この機会に軽い金属屋根に葺き替えをご提案。

     

     

     

    瓦と土を全て降ろして構造用合板をビス留めし耐震性をあげ、ルーフィングを敷き防水。

     

     

     

    ルーフィングの上に金属屋根を取り付けます。

     

     

    樋もなかなかメンテナンスが出来ず古くなっていたので全て交換。

    足場がある内に普段見れない場所を点検しておきます。

    屋根の軽量化で建物の負担を減らし耐震性能の強化。

    降雪の事も考慮し屋根には雪止めを設置。

     

     

    災害に耐えた建物もダメージを受けていることがあります。

    京都市では耐震化の補助金制度も有ります。早めの点検・メンテナンスをお考え下さい。

     

     

    デザイン&ケア リズムのTwitter

    Design&Care Rhythm

     

     

    記事を閉じる

1~5件目 (19件中)

検索

カレンダー

<
>

カテゴリ

    WRITER

      過去ログ

        PAGE TOP