Tel. 075-464-7244

ブログ

スタッフ 記事一覧

6~10件目 (30件中)

  • 耐震改修に並行して外壁工事も!

    投稿日 :
    2020-08-25 12:00:00
    カテゴリ :
    お知らせ
    WRITER :
    スタッフ
    この記事のURL

        昭和46年の建物を断熱材を取り替え外壁は新しく!   2017年の台風21号や地震等で外壁に大きな亀裂が入り剥がれ落ちそうになっていたため 安全のために改修工事。 屋根改修工事のために足場を組んでいたので並行して施工していきます。   現在の外壁を一度全てめくり柱や梁などの木材の状態を確認。状況に応じて補強。  古くなった

    記事を開く

     

     

    昭和46年の建物を断熱材を取り替え外壁は新しく!

     

    2017年の台風21号や地震等で外壁に大きな亀裂が入り剥がれ落ちそうになっていたため

    安全のために改修工事。

    屋根改修工事のために足場を組んでいたので並行して施工していきます。

     

    現在の外壁を一度全てめくり柱や梁などの木材の状態を確認。状況に応じて補強。 

    古くなった断熱材を捨て新しい断熱材に取り替え。

    構造用合板を隙間のないようとりつけ耐震改修。

     

     

    構造用合板の上から防水紙を全体に施工し、その上に遮熱シートを。

     

    塗り壁が剥がれないよう下地のラスをしっかりと取付。

    ラス張り完了後、下塗りのモルタルを塗っていきます。

     

    下塗りをしっかりと乾燥させ、上塗りできれいに仕上げていきます。

    建物の裏側はサイディングを施工。

     

    屋根の工事に伴い、足場のある内にしか出来ない工事を一緒にしていきます。

    足場代も安くはないので足場が必要になる工事はこの機会に確認し

    少しでも有効活用していきます。

     

     

    デザイン&ケア リズムのTwitter

    Design&Care Rhythm

     

     

     

    記事を閉じる

  • シロアリ駆除で安心できる暮らしを!

    投稿日 :
    2020-08-08 12:00:00
    カテゴリ :
    お知らせ
    WRITER :
    スタッフ
    この記事のURL

        シロアリ駆除で安心できる暮らしを実現!   少し前にブログで御紹介させていただいたシロアリが出た住宅の シロアリ駆除を実施。   被害にあった部屋は浴室と洗面所ですが 羽蟻が出るほどにシロアリがたくさんいる状況のため 建物全体の床下や土壌に駆除処理を行うことに。   床下に入るための床下点検口がなく 床暖房のない部屋

    記事を開く

     

     

    シロアリ駆除で安心できる暮らしを実現!

     

    少し前にブログで御紹介させていただいたシロアリが出た住宅の

    シロアリ駆除を実施。

     

    被害にあった部屋は浴室と洗面所ですが

    羽蟻が出るほどにシロアリがたくさんいる状況のため

    建物全体の床下や土壌に駆除処理を行うことに。

     

    床下に入るための床下点検口がなく

    床暖房のない部屋に床下点検口を取付。

    御客様と家具の配置を相談しながら建物施工時の図面を確認し

    構造に問題がなく家具などで見えなくなる部分を狙い施工。

     

    床下に潜り建物全体に薬剤を注入散布。

    被害が出やすい木部が特に怖いため薬剤を念入りに。

    シロアリが残らないよう床下の隅々や土壌までしっかりと。

     

    浴室と洗面所は床下に人が通れず床暖房があり床をめくることもできない状態。

    洗面所は状況確認の際にめくった壁から薬剤を垂れ流し。

    通常よりも多めに薬剤を注入し床下にいきわたるように。

     

    浴室はタイル目地に小さな穴を横50cm間隔で開け、ノズルを差し込み薬剤を入れていきます。

    隣接した部屋に漏れ出してないことを確認しながら注入。

    全ての穴から流し入れ、シロアリの巣にしっかりと届かせます。

     

    今のシロアリ駆除の薬剤は5年は保証があるほどのものです。

    ですが5年経つと効果が全くなくなるというわけではありません。

    徐々に効力が減り5年で保証できる値を下回るという意味です。

    シロアリは薬剤などにはとても弱いため効力が減った場所でもなかなか近づきません。

     

    お客様に話を聞いていると

    定期メンテナンスをした方が良いと言われメンテナンス契約をすすめられたり

    あまり効果がない方法の駆除をオススメする業者があるそうです。

    きちんとした業者にご依頼されることをオススメします。

     

     

     

    デザイン&ケア リズムのTwitter

    Design&Care Rhythm

     

     

     

     

    記事を閉じる

  • 台風被害にあった古い玄昌石の屋根を綺麗に復元!

    投稿日 :
    2020-07-09 12:00:00
    カテゴリ :
    お知らせ
    WRITER :
    スタッフ
    この記事のURL

        台風被害にあった古い玄昌石の屋根を元通りに綺麗に復元!   台風被害で屋根に使われている玄昌石が部分的に割れており、 屋根から落ちると危険なため傷んでいるものを新しいものと差し替え。   高所でとても危険なため足場を組みハーネスを装着、 屋根から物が落ちないよう細心の注意を払って作業。     傷んでいる

    記事を開く

     

     

    台風被害にあった古い玄昌石の屋根を元通りに綺麗に復元!

     

    台風被害で屋根に使われている玄昌石が部分的に割れており、

    屋根から落ちると危険なため傷んでいるものを新しいものと差し替え。

     

    高所でとても危険なため足場を組みハーネスを装着、

    屋根から物が落ちないよう細心の注意を払って作業。

     

     

    傷んでいる玄昌石を他の石を割らないように気を付けながら外していきます。

    石の大きさを揃えるために加工が必要なため1枚1枚手作業で加工。

     

    加工した玄昌石を綺麗に元の場所に取付。

    落下物の危険を事前に防止。

     

    屋根は傷んでいてもなかなか個人で確認できず気づかれていない方も多いです。

    安全のために一度メンテナンスをおすすめします。

     

     

     

    デザイン&ケア リズムのTwitter

    Design&Care Rhythm

     

     

     

     

    記事を閉じる

  • 廃番になった昔のタイルに限りなく近いものを!

    投稿日 :
    2020-06-06 12:00:00
    カテゴリ :
    お知らせ
    WRITER :
    スタッフ
    この記事のURL

        昭和40年頃の建物のタイルに限りなく近いものを探しタイル貼り施工。     昭和40年頃のタイルと同じような色艶のものが現在ではほとんど造られておらず 別注で対応出来ますがそれでも色目を合わすのは大変。   様々なサンプルをとり何度も現場と比較しながら検討。 昔のタイル独特のツヤ感・色味にかなり近いものを発見。 &nbs

    記事を開く

     

     

    昭和40年頃の建物のタイルに限りなく近いものを探しタイル貼り施工。

     

     

    昭和40年頃のタイルと同じような色艶のものが現在ではほとんど造られておらず

    別注で対応出来ますがそれでも色目を合わすのは大変。

     

    様々なサンプルをとり何度も現場と比較しながら検討。

    昔のタイル独特のツヤ感・色味にかなり近いものを発見。

     

    建物のコーナー部分は石材を既存部と同じように加工し取付。

     

    施工を終えてみると違和感がないほどの見た目に。

     

     

    お客様には大変満足していただけました。

     

     

     

    デザイン&ケア リズムのTwitter

    Design&Care Rhythm

     

     

     

    記事を閉じる

  • 被害が出る前にシロアリ駆除をお考え下さい!

    投稿日 :
    2020-05-12 12:00:00
    カテゴリ :
    お知らせ
    WRITER :
    スタッフ
    この記事のURL

        お客様から浴室に大量の羽蟻が出てきたと連絡がありました。 確認してみるとシロアリの羽蟻だと判明。     浴室の入り口戸枠を見てみると下側が傷んでいたため、確認のため一部壁をめくり中を確認。 部分的に被害がみられましたが構造にかかわる木材にはまだ被害が出てませんでした。   関西に多く生息しているシロアリは土の中や湿度

    記事を開く

     

     

    お客様から浴室に大量の羽蟻が出てきたと連絡がありました。

    確認してみるとシロアリの羽蟻だと判明。

     

     

    浴室の入り口戸枠を見てみると下側が傷んでいたため、確認のため一部壁をめくり中を確認。

    部分的に被害がみられましたが構造にかかわる木材にはまだ被害が出てませんでした。

     

    関西に多く生息しているシロアリは土の中や湿度の高い場所を好み、

    建物では主に床下で活動します。

    湿っている木材を好んで食べるため特に浴室の床下などに多く見られます。

     

    シロアリは日光や明るい場所・乾燥している場所を嫌い人が見える場所には出てきません。

    そのため中々気付くことが出来ず、建物の被害が進行している場合があります。

     

     

    今回、お客様にも確認いただきシロアリ駆除が決定しております。

     

    被害が進行していると建物の修復にも時間がかかってしまいます。

    そうなる前にシロアリ駆除をお考え下さい。

     

     

    デザイン&ケア リズムのTwitter

    Design&Care Rhythm

     

     

     

    記事を閉じる

6~10件目 (30件中)

検索

カレンダー

<
>

カテゴリ

    WRITER

      過去ログ

        PAGE TOP